<   2006年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

c0061503_22173577.jpg
怜子がなんと!大胆にも!茶太郎の指定席を占拠してソファーのど真ん中で堂々と長くなって眠っておりました。そこに茶太郎がやってきた。ソファーに手を掛けて伸び上がって怜子を眺める。はて、困った。どうしよう、と、しばし首をかしげておりましたが、やがてソファーに飛び乗って、そのまま玲子の前にでーん!と丸くなって(笑)眠ってしまいました。怜子?起きません。茶太郎?熟睡を始めました。外は終日冷たい雨、でも、こんなふうに過ぎていった穏やかな日曜日の午後でした。

                             ************

さて、穏やかな時間の流れに身を任せながら読書をむさぼったのですが、読んだ本は少々ハードでした。「シンドラーズ・リスト」読了。これ、ここ1週間ほど読んでいるのではないかな。最初の1ページ目を読み始めるなり虜になりまして、忙しくて時間がないと言いながらも電車に乗れば本を開き、食事も本を読みながら、、、、翻訳物ということもあるのですが、何故か1行でも読み流すと前後左右がさっぱりわからなくなるのです。ドイツ語読みの登場人物や場所の名前がこれでもかっ、というほど次から次へと登場するので、音読しておかないと誰が誰だったかさっぱり頭に入らないという私の記憶力のまこと拙い限界のせいか、はたまた歴史が錯綜しているためか、あるいは私の歴史音痴が祟っているせいなのか、たかが6年ばかりの間の出来事なのに事態がえらく複雑で噛み砕きながら読む必要があるからか、私の理解力のおぼつかないせいか、読書の早い方々には全然叶いませんがさほど遅いほうでもないはずなのに、さっぱりと進まないのに先が気になって気持ちだけが逸る、という調子(笑)。薄いとは言いませんが、せいぜい1.5~2センチくらいの厚さの文庫本なので、並みの長編ものなのですよねぇ。ホームページで検索して皆様のレビューを読んでみますと、とても読みやすい1冊という定評があるらしく、こんなに時間がかかったのは私一人かもしれません(爆)(涙)。

そう、かのスピルバーグの映画「シンドラーのリスト」の原作なのですが、どことなく映画とは違う印象でした。といっても、こんな莫大な内容の小説をよくまぁ数時間の映画に収めたものだと感動しましたが(原作と映画の比較の参考ホームページが見つかりました→こちらです)。

さて、感動した私の悪い癖(笑)がふつふつと!小説に登場した建物やモニュメントが残っているという記述のあるたびに「行ってみたい」(笑)。最後にはシンドラーが埋葬されたというお墓まで行ってみたい!と思ってしまう有様。すると、こんなホームページを見つけました→映画「シンドラーのリスト」の舞台クラクフ、ワルシャワとアウシュビッツ3泊4日の旅。うーん、戦後シンドラーが渡ったブラジルや埋葬先のエルサレムはさすがに入っていないか、、、それに、シンドラーの故郷も見当たらないかな、、、でも、やっぱり、これだけ畳み込むように連日収容所や墓地を見て回ると、気持ちが沈んでしゅんっとなって帰ってくることになるかもしれないな、って思ったりしたことでした。

[PR]
by kaho_nomi_2 | 2006-02-26 23:15 | | Comments(16)
c0061503_042751.jpg
とても暖かかったので、久しぶりに屋外で写真を撮りました。撮っている間中すてきな香りに包まれて幸せ。春の香水と言う感じですよね。

、、、え”、これじゃぁどんな花なのかさっぱりわからない?ごもっともですm(__)mわかりやすい写真(のつもりです、、、弱気(爆))もアップしましたので、ご興味のおありの方はこちらにどうぞぉ~→http://www.h5.dion.ne.jp/~k-garden/relay.html
[PR]
by kaho_nomi_2 | 2006-02-24 00:07 | | Comments(12)
今朝出かける支度をしていまして、ふと何かが気になるような気がして振り向いてみましたら、怜子好みの小さなクッションの上に茶太郎が、、、

c0061503_21521286.jpg

ちょっと無理があるようにも見えるのだけど、、、(爆)

、、、、、、



そして私の支度も済んで、出掛けに茶太郎に挨拶をしようと思い近づいてみましたら、、、


c0061503_215921.jpg

やっぱ、気が緩むと、はみ出るのか、、、、(笑)
[PR]
by kaho_nomi_2 | 2006-02-20 21:54 | | Comments(18)
c0061503_4283959.jpg
仕事帰りに通りかかったので映画館に立ち寄ってしまい、何故か「ミュンヘン」を見ました。で、すっかりとバレンタイン・ディ気分からは遠ざかった状態で帰宅しまして(笑)、先日テレビの料理番組で見たお手軽な白菜のクリーム煮の作り方というのを思い出して、もっとお手抜き状態のものを作ってみたのですが、これが美味しくて(嬉)、力いっぱい食べてしまいすぐに眠くなり、で、こんな中途半端な時間にもそもそと起き上がってパソコンを立ち上げております。

えぇーと、写真は「いただいた」チョコレート。はい、いただいたのですよ、女性から。時々こういうことが起きます。性別アイデンティティの危機です(おおげさ)。普通に女らしい見てくれをしていると思うし、努めて女性らしい成りを心がけているのですが、カモフラージュ(何)にも限界があるのでしょうかねぇ~(複雑)。

これ、中身は柿の種をチョコレートでコーティングした、というレアもの。食べることが何よりも大好きな女性が腕によりを掛けて選んだ一品、30余年のロングセラー「マミング」、不思議なお味です。
[PR]
by kaho_nomi_2 | 2006-02-15 04:28 | Comments(20)
c0061503_20415755.jpg
久々にこいわしを見かけましたのでついつい買って帰ってきました。いつもは大根のかつらむきを添えるのですが、今年はまだまだ大根が飛び上がるくらいに高いので割愛しまして、紫蘇をはさむだけで満足。

こいわしのお刺身って、もしかして広島でしか食べないのでしょうか?そうでもないですか?丁寧にお作りになられる方は頭と尻尾を1匹1匹丁包丁で落としてから手開きになさいますが、私の場合は全工程を手開きだけで済ませるお手軽バージョンですm(__)m。本場広島では小さな手押し車のようなものを押しながらおばさんが売りに回っていました。で、注文が入ったら目の前で何十匹でも、あっという間におろしてくれるのですが、その際に手ではなくて、ピーラーのような形をした道具を器用に使って骨を取り除きます。で、頼めば手作りの大根のかつらむきもサービスで付けてくれますので、おろしてもらった身を持ち帰って、で、うろこやひれ、骨を手で取り除きながら冷水で洗い、かつらむきとともに熱々のご飯と一緒にいただきます。美味。
[PR]
by kaho_nomi_2 | 2006-02-10 20:41 | 食べ物 | Comments(22)

猫達、一緒にお休み~

c0061503_22274479.jpg
猫ばかもここまで来れば本物、、、???、、、っということで(汗)、凝りもせずに同じような写真ですが(汗)(汗)、今日は二匹一緒、ということで=^_^=。少々解説しますと、茶太郎の眠っているところがソファーの中心、ど真ん中です。これを撮った後しばらくしてもう一度見てみますと、怜子は移動していまして、再びあの小さな四角いクッションの上に上ってしがみつきながら眠っておりました(爆)。
c0061503_22383478.jpg

[PR]
by kaho_nomi_2 | 2006-02-07 22:29 | | Comments(16)

猫の性格2様

(1)ちょっと(?大分?)神経質な怜子の場合
c0061503_21512670.jpg
いくら猫は座布団がお好き、といってもそんなに小さなクッションの上に必死にしがみつくように丸くなって眠らなくても、、、って無性に思ってしまうような眠り姿、、、、


(2)怜子の場合(俯瞰図)
c0061503_214371.jpg
そうなんです、いくら狭い我が家でも、ここまで縮こまっていただかなくても、、、って思ってしまう。右側はこんなに広いのですもの(ぶつぶつ)


(3)天真爛漫ラテン系の陽気さ全開の茶太郎の場合
c0061503_21443733.jpg
翻ってこちらおなじみ茶太郎、日ごろ見ていましても茶太郎は特別敷物にはこだわりがないみたいです。同じソファの上でも要はもののド真ん中が好みなのか、敷物など眼中にはない、と言わんばかりの無頓着さ。


(4)茶太郎の場合(俯瞰図)
c0061503_21454364.jpg
引いて撮ってみますと、ね、両端に怜子の好む小さなクッションが2つもあるのですよ、なのにちょうどその真ん中、ソファのど真ん中、でも、何も無い!というところにでぇ~ん!と大きく丸まっています。

性格で眠る場所も違うのか、、、単なる好みの違いなのか、、、(爆)
[PR]
by kaho_nomi_2 | 2006-02-01 21:47 | | Comments(26)

こんにちわ(。^_^。) 管理人のKAHOです。最近は更新もぼちぼちになりつつありますが(汗)、どうぞ!よろしく!お付き合いくださいませ(。^_^。)


by kaho_nomi_2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28