<   2006年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

蚕豆(そらまめ)

c0061503_892591.jpg
いつもホームページのための素材をお借りしていますトモさんが、時折日記にご夕食のお写真をアップなさるのですが、それが、もう、美味しそうで(嬉)。で、いつも感化されるのですが、先日はとうとう思いっきり感銘を受けてしまいまして、その中で一番簡単そう(にみえた)だった「蚕豆」をまねしました。

って言っても、買ってきて、サヤのまま洗って、鍋に入れて火を通しただけ、、、(汗)。本当はサヤから取り出して塩茹でするのだそうで、、、(汗)(汗)(汗)。まぁ、気を取り直しまして、サヤから出して小皿に盛ろうと思ったのですが、サヤから出すたびに「試食」してしまい、気がついたときには半分に減っておりました。こりゃぁいかん。豆を取り出してから写真を撮ろうだなんて、大それたことを考えた私が悪かった(冷汗)。

ということで、半分に減ったのですが(爆)、サヤのままの蚕豆を写真に撮ってみました。

全体に出足が遅くて気になりますが、お野菜の美味しい季節になりましたねぇ。
旬の味覚!最高ですよね(嬉)。
[PR]
by kaho_nomi_2 | 2006-05-30 08:09 | 食べ物 | Comments(22)

茶太郎の悲願~鳩ぽっぽ

(1)昨日、今年の初夏にしては珍しく1日さわやかに晴れ渡った日、テーブルの下で長くなって眠っていた茶太郎が、ぴくっと起き上がったかと思うと、唐突に足を曲げた低い体勢のままするるるぅ~っと窓辺に移動しました。見ていたこちらはびっくり、何があるんだろう?と思って茶太郎が熱心に眺めている方向を一緒に見ていましたら、隣のベランダから手すりを伝って鳩がのんびりと歩いて来ました。
c0061503_1335449.jpg



(2)で、、、、?と息を潜めて成り行きを見守っておりましたところ、、、、あぁぁあ~あぁ、やっぱり!舐められた。茶太郎、今回も!舐められました。無念です(涙)。
c0061503_1593254.jpg



でも!このあとが少々違いました(嬉)。いつもなら手すりを2,3往復した上に羽を優雅に広げて身づくろいなどをして余裕をかましていくところを、今回は、このあとすぐに、すたすたと飛び去っていきました。もしかしたら鳩は、いつものようにこちらのベランダにのんびりとやってきたものの、いつもは閉まっているはずの窓は開いていて、あ、と思った瞬間には、ものの1メートル先にある茶太郎の熱い目線に射すくめられていた?とか?ん!やったね、茶太郎!(嬉)うちにはりっぱな(←ってどんなんだ?、汗)猫がいるんだ!って認識されたよ!(と夢想する猫バカ~失礼ぃ~(笑)。


茶太郎の悲願については、過去ログをごらんくださいませ~こちらの記事のテキスト部分です。
[PR]
by kaho_nomi_2 | 2006-05-26 01:36 | | Comments(20)

紫陽花の季節

c0061503_16252333.jpg
昨日、着物の集まりに出て紫陽花の鉢植えを頂いて帰ってきました。帰りの電車の中で隣に座っていた白人の男性が、しばらくして話しかけてきました。「なんという花ですか?」「あじさいです」と答えた後で思いついて「ハイドレインジア」だと付け加えたら、ものすごく合点してました。「家の中でも大丈夫ですか?」と続けて問われて、うぅ~っと詰まりましたが、結局「いんや」と首を振ったら「ああ、外ですか」と残念そうに言っていました。

家に連れて帰り、袋から出して飾ってみて、その美しさにはっとしました。「家に飾りたい」と思ったらしい白人男性の気持ちがようやくわかりました。あまりにも身近なので日頃は意識しませんが、そういえば日本が誇る日本原産の有数な花のひとつなんですよね。今年も!この花の季節到来ですねぇ。
[PR]
by kaho_nomi_2 | 2006-05-21 15:28 | | Comments(18)

猫じゅうたん記念日

(1)月曜日の夜、初めて二人がこんなに接近して眠っているのを見かけました。猫って普通半年もするとこんな風に一緒に眠るようになるものなんだけどなぁ~と思ってはため息をついていたこの1年間が報われた瞬間でありました。
c0061503_2214084.jpg


(2)そして、、、そう、いつもうまくいかなくなる原因が、怜子が相手の額に何故か手をぱこ!っと置くせいなのです。ふつうならば茶太郎はこの時点で目を覚まして怜子に反撃を始めるのですが、次の日(火曜日)はちょっと様子が違いました。
c0061503_2214247.jpg


(3)茶太郎、ふにゃぁぁ~と怜子の前足に腕枕、そして、ふにゃふにゃぁ~っとこんなふうに、、、
c0061503_22165751.jpg


(4)そして、怜子もふにゃぁ~っとなって、、、ありゃぁ!夢に見た「猫じゅうたん」の完成です~~~!!!(嬉)
c0061503_22174746.jpg



※猫じゅうたん:猫が複数匹、隙間なくくっつき合って眠っている状態を言います。寒い冬場などは、少しずつ輪の外に追いやられて寒くなった猫がむく!っと起き上がって暖かい輪の中心にもぐりこみ直す、、、するとその分外に追いやられる猫が出てくるので、その子がやおらむく!と起き上がって中央にもぐりこみ、、、、というのを永遠に続けます。見ていますと、猫たちと同じ大きさになって、同じことをしたいなぁって心から思うようになること請け合いです(笑)。

まぁ、茶太郎と怜子の2匹だけでは少々物足りないのですが、、、(笑)まぁ、「猫じゅうたん」もどき、ということで~(爆)我が家の「猫じゅうたん記念日」!のご報告でした(嬉)。
[PR]
by kaho_nomi_2 | 2006-05-17 22:17 | | Comments(14)

花菖蒲と猫たち

(1)金曜日夜、お花のお稽古で花菖蒲を習いました。先生が生け方のデモンストレーションをしてくださったので、それをそのまま持ち帰り、家で見よう見まねで生け直してみました。ん、ちょっと違うような気もするけれど(汗)でも、悪くはない(笑)。なので写真に撮っておこうと思いデジカメを取りにちょっとその場を離れたところ、、、
c0061503_12031.jpg


(2)0.5秒後
c0061503_142292.jpg


(3)1秒後
c0061503_154965.jpg


(4)翌土曜日の朝の惨状(笑)
c0061503_165381.jpg


(5)翌々日曜日の夜、ようやく怜子登場(爆)
c0061503_19254.jpg


んんん、相変わらず間の悪い怜子、そんなタイミングでそんなところに佇んでいたら、全部怜子がやったみたいに見えます(笑)。実際には全部茶太郎が食べてしまったに違いないのですが(爆)。遅まきながらにご馳走のあることに気が付いた怜子は、もう残っているものが無いことに唖然としていたのかもしれませんねぇ。

そうそう、茶太郎も怜子も花菖蒲や杜若(かきつばた)の葉っぱが大好物なのです。年に数回しか生けないので、いつもそのことを忘れて無防備に飾ってはこのような被害(笑)を受けることになります。お稽古で余った葉っぱをかき集めて持ち帰り、猫たちがもっと食べやすい場所に置いておけば、生けたものへの被害を遅らせることが出来るのですが、この日は今年初めての花菖蒲のお稽古、、、、すっかりと猫たちのことを失念していたので、あまりにも迅速な被害に、唖然としたのでした(笑)。

まぁ、それでも、花は咲いていますね、花菖蒲の季節なのですねぇ(嬉)。
[PR]
by kaho_nomi_2 | 2006-05-15 01:02 | | Comments(22)

疲れた茶

c0061503_313933.jpg
そうなんです、深遠なような、シリアスなような、カッコいいような表情にも見えますが、実は、ただ単に、甘えすぎて、見境なくはしゃぎすぎて疲れてしまい、動けなくなってしまっただけ(爆)。こんなにどろぉ~りぃっと疲れたらしいのに、気持ち的には、まだまだ甘えてはしゃぎたい様子です(笑)。
[PR]
by kaho_nomi_2 | 2006-05-02 01:03 | | Comments(18)

こんにちわ(。^_^。) 管理人のKAHOです。最近は更新もぼちぼちになりつつありますが(汗)、どうぞ!よろしく!お付き合いくださいませ(。^_^。)


by kaho_nomi_2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31